はぁちゃんといつでも一緒のHappyLife♡
はぁちゃんの笑顔
昨日はすこし曇り空だったので
公園にお散歩行ってきました
2016.5.26
広~い公園なのでのんびりお散歩しながら、お花摘みしたりして
2016.5.26.1
途中でお友達も駆けつけてくれて楽しい時間でした
2016.5.26.2
↑の写真
インスタにもアップしたのですが、とってもお気に入りの表情です💛

はぁちゃん、最近おとなしいね・・・とか
最近のはぁちゃんの写真、なんだかさみしそうって
思われてる方いらっしゃることと思います

確かに、どの写真もなんとなくさみしそう
かわいくとれてる写真はたくさんあるのですが
かわいいの向こうに憂い?な表情が見える気がしてなりませんでした(涙

やっぱり笑顔でいてほしい
えがおのはぁちゃんがいちばんかわいい💛

これからも
もっともっとはぁとと一緒にみんなが笑顔の写真や思い出をたくさん作っていきたいです



いつもクリックしてくれてありがとう

スポンサーサイト
ありがとう
日曜日。。。母を天国へ見送ってきました
2016.5.17

突然、体の力が入らなくなり倒れてから
たった2か月でした

脳梗塞が見つかり、ショックを受けていた私たちだったのに
母は
「脳梗塞が見つかってよかった~♡
  先生見つけてくれてありがとう
    リハビリ頑張ります」
って喜んだ母でしたが

実は、別室に呼ばれた私たちに先生は
「かなり複雑な脳梗塞です
   癌の末期による脳梗塞なんです」
と告げられ・・・

涙が止まらなくなったのはつい先日のことでした

脳梗塞だと信じていた母には、最後まで隠そうと家族で決めて
専門の先生といろいろ相談し、
自宅にて緩和ケアをすることになったのです

担当のケアマネさんに協力をお願いし、病院の先生と連絡を取っていただき
往診でお願いできる緩和ケアの専門医を依頼し、
毎日診てくださる看護師さんの手配や専用のベッドなどなど
完璧な体制を早急に整えていただけたので
数日後、
母を自宅に連れて帰してあげることができました

初めてのことで不安な面は多々ありましたが
何よりも自宅が一番だと思ったのです

それから1か月半
24時間体制で母の横につきっきりで看病の日々を送りました


とても大変ではありましたが、家族みんなで協力し、
ある意味、穏やかでとても優しい時間を過ごすことができました
もちろん、はぁちゃんもしっかりと看病に徹してくれました
ベッドの横に静かにふせして待機して
母が「はぁちゃん」って呼ぶと
すくっと立ち上がり、母の手をぺろぺろなめてくれたり
まるで介助犬そのものですね

緩和ケア・・・
どういう治療なんだろう?って最初は全く分からなかったけど、
いわゆる、患者の痛みや苦しみを緩和するだけのケアなんですね

苦しい時には、身体をさすってあげるくらいしかできないけど、
「そばにずっといるよ、安心してね」
って声かけ。
ただただ手を繋いでいるだけのような(⌒∇⌒)

すご~く苦しんでいるときなんかは、
私たちまでつらくなって泣きそうになったこともあるけど
そんな時、母は
「ママ・・・ママ・・・大好きだよ
    愛してるよ・・・♡」
って何度も言ってくれるのでした

「私も、愛してるよ・・・お母さん
   I Love You   」
って

だんだん、力がなくなってきて声が出なくなってきたときも
英語だと言いやすいのか?

「I Love You・・・」  て。

80歳を超えた日本人のおばあちゃんが
これほどまでに、
愛してると言えるなんて!
とっても素敵だなあと感激しました
ある意味、自慢の母ですねっ💛

最期の日も酸素マスクつけながらも、
「愛してる」となんども
声にならない口元が・・・

ありがとう
愛してるよ・・・って

静かに、穏やかにみんなで過ごし
5月9日15時13分
母は自分の人生を全うされたようでした

寂しくて悲しくて、とても辛いいですが
とても理想的な見送り方ができました


15日、生前親しくしていただいた方々に見送っていただきました

皆様には、心より感謝申し上げます
ありがとうございました


いつもクリックしてくれてありがとう



プロフィール

みちるん

Author:みちるん

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
ブログ内検索