はぁちゃんといつでも一緒のHappyLife♡
ぽぽの具合
正直言って数値的には日毎に悪化してる状況です(;д;)
だから、ブログにもなかなか書きづらかったのです

ぽぽの後ろ足は、完全に麻痺状態となりました
体内に血栓が増えていったせいらしいです

2016-1-28-2
自分で立つことはできませんが、
おしっこの時は、かならず教えてくれるので私が抱えてお外にだしてあげ、
レンガのところで、足がすべらずになんとか自立し、
排尿をすませます
未だかつて、一度もおもらしなどしていません
本当に立派な子です
2016-1-28-1
写真のように、常にはぁちゃんが横についており、
外に出すときも、病院に行くときもいつでも一緒なので心強いです^^
(たまに、邪魔な時もありますが・・・ナイショ)

病気についてですが
DIC(播種性血管内擬固症候群)というものらしいです
ネットとかでも一生懸命調べましたが難しい病気らしいです

いわゆる体内の血管に血栓がどんどん出来ていってしまう病気
ぽぽの場合、すでに肝臓、脾臓、心臓にまで血栓ができてしまったいます
毎日毎日、増えていってしまうので体内での出血が止められません
そのため貧血の値も進んでいってしまってるのです

一時は、はぁちゃんの血液を輸血するということも考えたのですが、
輸血しても一時しのぎにしかならないということであきらめました

担当の先生が、とても丁寧に説明してくれて、ぽぽのことも私のことも
とても親身になってケアしてくださることが今の私たちにとっての支えです
すぐにメソメソしちゃうダメな飼い主なので
毎回、先生は慎重に言葉を選んでお話してくださってることがひしひしと伝わっています
先生は決して言わないけど
よくなることはもうない・・・ということも、理解できてます
でも
ぽぽが毎日の通院で注射や点滴、そして検査などなど一生懸命頑張ってくれてるので
辛かったり苦しかったりする時間が、数日でも、数時間でも数分でも・・・
できるだけ少なくて済むように、みんなでさいごまで頑張りたいと思います

体内の血栓を少しでも和らげるために、ヘパリン投与を始めました
注射なんですが、本来は6、7時間に一回くらい投与する方が効果がみられるということで
昼と夜の2回通院することにしました
本来は、入院したほうがいいのかもしれませんが、
メンタルの弱いぽぽの気持ちを第一に考え
最後までぽぽは、「おうち」で過ごすことを一番優先し
もちろん、最終てきには往診も考慮し
体調をみながら2回通院をやっていこうと思います
2016-1-28-3
こんな感じで、今のところ
すべてをぽぽの看病に費やしているので
ほかのことは、何もしません
周りの皆さんには、いろいろご迷惑をおかけしますが、
どうぞお許し下さいませ。

いつもクリックしてくれてありがとう





スポンサーサイト
popoその後
ご心配おかけしてしまってすみません
みなさんからの温かいメッセージをいただき
のんびり穏やかに過ごすことができています
2016-1-15-1
この写真は昨夜の様子です

どうみても、いつもと変わらないぽぽにしか、見えません
やっぱり
いつものようにおうちで過ごしていることがなによりもの看病になるのかもしれません
2016-1-15-2
はぁとも一緒にいつもみんながそばにいてあげる
こんなことしかできませんが
これでいいのかな(・∀・)

今日はお天気もよかったので
久しぶりに5分程度お外を歩いてみました
2016-1-15-6
びっくりするくらい軽やかに歩いてます^^
2016-1-15-7
ついこの間、立てなくなったとは信じられないほど・・・
2016-1-15-4
嬉しくなっちゃってついついシャッターをパシャパシャ!!と
2016-1-15-3
今のうちにもっともっとたくさんぽぽの写真残してあげたいのです

以前だったらリード離したら
一瞬にしてパーっと
遠くまで走っていってしまうのいう生粋のアフガンだったポポですが(汗
2016-1-15-8
このとおり!
私が迎えに行くまで立ちすくんでいます^^
そんな姿にロールを思い出しますね
2016-1-15-9
今回、病気を発見したおかげで
気持ち的にも、残りの時間を大切にできるし
この一瞬一瞬がいつも以上に大切に思えて
のんびりのんびり、老犬タイムをみんなで楽しめることができるありがたさ・・・

感謝です

いつもクリックしてくれてありがとう



2016年スタート
新年のごあいさつがたいへん遅れました
本当は、元旦にご挨拶をしたかったのですが・・・(汗
2016-1-13
ブログ用にこんな写真も用意していたんです
2016-1-13-2

新年は、毎年通り、家族や親戚がみんなあつまり賑やかに楽しいお正月を迎えることができました
ぽぽもはぁとも、楽しく今年も素敵な一年になるね☆彡って・・・
はずだったのですが

年明け早々、
突然、ぽぽの具合が悪くなったのです
急に立てなくなり、何が起きたのか?わからず
病院へ駆け込むという・・・

なぜか?後ろ足の右半分だけが内出血を起こしてまして
見る見る間に、足首あたりに何かが溜まっていくような
ブヨブヨした水のようなものが溜まって行きそれが最終的にはパンパンに溜まり
左足と比べると3倍以上に腫れてきたんです
何が起きたのか?
最初は、あまりに突然だったので、外傷かと疑い、
はぁちゃんと何らかの接触があり骨折や強い打撲などを起こしたのかもとの見解もあったのですが
レントゲンをとってもなにも異常は見つからず
では、毒性のあるものを口にしてしまったのか?とか
内臓系か?と血液検査にエコー・・・と隅から隅まで検査をしていただきました

結果は、なにも見つからず
ただ、心臓の雑音がかなりひどいと・・・
つい、一週間前(年末)にたまたま病院へ行ってたポポは、検診をしていたのですが
その時は、まったく何の異常もなかったのに、なんで?(@_@。
先生も、急にこんなに心臓がおかしくなるのは、ありえないというくらいでした
詳しく調べてみてもらったところ、動脈がかなり大きく腫れてるらしい
なんらかの障害のせいで腫れてるんだろうが、
その原因が見つからないのです

そして、この心臓の疾患と足の腫れで立てなくなったとの結びつきが考えられず・・・
先生も困っている様子でした
先生からのお話の中に、
これ以上の検査は高度医療センターの検討も必要ですと言われました
幸い、国立の病院や高度医療センターのどちらも車で行けば、そう遠くないところにあるので
心臓の専門医のいるところへ行けばなんとかなるのかな?と。

でも心臓疾患の中でも、今回のぽぽの状態は希な病状ということでした

ない頭フル回転で、ぽぽのこれからについて考えました
家族みんなでいろいろ相談しました

ぽぽのことを思うと
体力はもつのか?
検査する事態がかなりの負担になるんじゃないか?
この繊細なメンタル面や、13歳という年齢的なこと
そして通院や治療費などなど

足に溜まった内出血が表面からポタポタと出血始めたり、
おしっこがまるで血そのもののような真っ赤な血尿が出始めたりと
すでに、私自身が不安で押しつぶされそうでした

そんな時、
お薬が効いてきたのか
2016-1-13-3
足の腫れも引けて歩けるようになったのです
注射の副作用とはいえ、ちゃんとご飯も食べてくれるので
もしかしたら、何事もなかったように復活してくれたらいいな♬

昨日、先生とじっくり話し合い、
今はしばらくこのまま先生の治療をお願いしたいと決めてきました

じゅりあんのときから、エトもロールも
みんな先生に助けてもらってたのだから、ぽぽだってそうするべきが一番いいのだと。
「お願いします」って(´∀`*)

これからも、こんなふうにはぁちゃんと一緒に通院するんだぁ

そしたら、なんとなくホッとして
こうやってブログに書く事ができました
2016-1-13-5
↑写真は本日のポポなんですが、
何事もなかったように、いつもとかわりない表情をしています
本当に、心臓悪いの?って疑っちゃいそうになるくらいです(・∀・)

今のぽぽでいられるように緩和ケアしてあげられることが一番なのかな?と
そして、ぽぽの生きる力を信じて
これからも、一緒に過ごしていきたいと思います

新年早々の内容にはふさわしくないけど
これから、しばらくはぽぽの闘病日記になるかもしれませんが
どうぞ、これからもよろしくお願いします


いつもクリックしてくれてありがとう








プロフィール

みちるん

Author:みちるん

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
ブログ内検索